交通事故にあってしまった時にはどうしたらいいか?

先日、不幸にも私の友人が交通事故の被害にあってしまったので、今日は交通事故にあってしまったら何をしたらいいか?というテーマで調べたのでまとめてご報告します。

情報提供協力「無料相談可能な交通事故に強い弁護士事務所

交通事故にあってしまった時には

相手の身元確認
もし不幸にもあなたが交通事故に場所まれてしまった場合は、パニックにならず冷静な行動を取ることが必要です。交通事故という特殊な状況下では加害者側も被害者側も通常では考えられないような行動をとってしまうことがままあります。意識がしっかりしている場合、事故にあった時にまず最初にしなければならないのは、相手車両と運転手の身元確認です。できれば相手側の免許証であったり保険証であったり、正確に身分を把握できるものを控えさせてもらうのが良いのですが、こばばれるケースもありますので、その場合は車のナンバーを控えたり、できるだけ多くの情報を集めておくようにしましょう。

各所に連絡
警察と保険会社には連絡をしましょう。交通事故を起こした際には必ず警察に連絡をしなければいけないので通報をしましょう。警察の交通事故証明書がないと後々の保険請求ができません。また、その場での示談であっても警察に通報しないで解決をしようとすると、とんでもないことに巻き込まれてしまったりするケースがありますので確実に警察へ連絡をするようにしましょう。これは自分の身を守るために絶対にやらなければいけないことです。警察が来た時に現場検証と事情聴取をしますが、自分でも携帯のカメラなどで山の写真を撮っておくと良いでしょう。

病院に行って診断書をもらう
たいしたことのないケガだからといって病院に行かない人も多いのですが、病院には絶対に行って診断書もらうようにしてください。その場では精神的なショックで痛みを感じなかったとしても後々になってむち打ちなどの症状が出てくる事は良くあります。診断書がないとその後の慰謝料請求が非常に難しくなりますので注意が必要です。

その他の注意点
交通事故を起こしてしまったときには冷静に対処するようにしましょう。交通事故で多いのはお互いに少しずつ過失があるケースです。そういう場合に、気の弱い人は必要以上に相手に対して謝罪をしたりしてしまったりするようです。気がついたら自分が一方的な加害者になってしまっていたというようなことも考えられますので、できるだけ冷静に対処していきましょう。あと、その場でのお金の話は避けた方が無難です。お金が絡んでくるとどうしても感情的になりやすいですし、慰謝料の請求や支払などは後々の手続きで決まってくるのでその場での議論ははっきり言って何の意味もありません。

時給1000円のアルバイト

過去、借入も増えていたし、どうしようということで、時給1000円のアルバイトを経験しました。業種は卸売業者のレジ打ちです。小売業者とは違うので値段が若干高めです。ただ、卸売なので小売店のお客様が多々来られ、大量の商品を仕入れるので、大変しんどかったですが、やり甲斐はありました。卸売ですが、一般会員も条件付で受け入れているので、セール時には、レジの行列が半端なく長かったです。

幸い、食品を扱うレジではありませんでしたので、覚えることは、現金処理、クレジットカード処理、デビッドカード処理と割りと少なめでした。最初は先輩スタッフさんと二人で行い、現金処理を早くできるまでは次へ進みませんでしたので、安心してアルバイトができました。総量規制なんてものもあるので、早く稼がなくては・・・

人は多く、如何に正確に素早くレジ打ちができるかを求められる職場でしたのでお客様が多すぎてすぐやめる人も中にはちらほらいらっしゃいました。上司は正社員の方でしたが、きちんとされており、話を聞いてくださった方なのでミスをしてもこたらの言い分を主張すればわかって下さる方でした。大変な分、売上が高いと大入り袋までもらえ、時給は高いし、上司には恵まれたのでよかったです。貯めたお金で念願のマイノートパソコンを買いました。流石、時給1000円、貯まるのが早かったです。

総量規制は対象外のものと例外のものがある

総量規制によってキャッシングは難しくなったと思われている方も多いかと思います。総量規制とは簡単に説明すると貸金業者が顧客に貸付できる限度額を年収の3分の1に規制するというものです。したがって、その規制を超えると消費者金融業者では借入できないということになってしまいます。しかし、この規制には対象外となる金融業者があります。銀行です。なので、銀行カードローンは総量規制の制限なく貸付できます。

以前は、銀行で借りれないので消費者金融に行くということがありましたが、総量規制後は逆転現象がおきていると言ってもよいかもしれません。さらに総量規制には例外というものもあります。例外としては、顧客が有利となるような貸付は可能ということが規定されています。どういうことかというと、借金の一本化など、いわゆるおまとめローンの場合は利息が少なくなるなど、顧客が有利となるので例外として年収の3分の1を超えても貸付可能となります。レディースローンをご利用の方はぜひ比較検討してみましょう。金利の安い業者でお得に借入を利用しましょう。

本当だったお金の話(教訓)

「お金は、お金を大事にする人のところへ回ってくる」
よく耳にした言葉は本当だった。
大事にしているつもりだったけどつもりだったことに気づいたのは
もっとあとの話。

お金に無関心だったわけではないと思いたいけど
無関心だったことが招いた結果が今わかる。
若い頃にあれだけ親にカードは作るな!といわれていたのに作ってしまったことから
道はずれたのかもしれない。
利率とか無関心だった。
キャッシングも怖いものしらずの勢いで借りまくった。
まさかそれが未来のわたしを苦しめることになるなんて頭が回っていなかった。
お金持ちになりたかったわけでも貧乏になりたかったわけでもない。
ただ、普通に暮らしたかっただけ。
また、不思議なことに借りたお金をまとめて返済するために
お金回りがいいところで働くとなぜか身辺で
お金が回せなくて大変だから力をかしてくれ。と普段わたしよりお金を持っている人達がお金をかりにくる。
そしてそういうところもわたしは無関心だったから
お金は回ってこない。
お金持ちの人はお金の使うべき場所とつくり方というより回し方をしっているのだろうか?
どうも品のあるお金持ちにあったことがなかった私は
そういったお金に対する知識などを教えてもらいたい気持ちとは裏腹に
敬遠していた。
お金を持っている人の感覚に共感や羨望はもてなかった。
そんな気がしていた。
本当は裏返しだったのかな。
ただお金持ちは、ひきが強い人が多い。
ひきって一言で済ませられないくらい気力や意志が強い人なのかもしれない。
わたしもまだあきらめずお金を好きになればお金がまわってくるかもしれない。

キャッシングはどのくらいまでできるでしょうか?

消費者金融や信販会社のキャッシングでどのくらいまで借り入れができるでしょうか。貸金業法が改正されてからは年収の3分の1を超える金額の借り入れができなくなっています。この規制を総量規制といいます。総量規制があるためクレジットカードのキャッシング枠で100万円を超える限度額を希望する場合は年収証明の提出を求められます。キャッシング即日利用も可能ですが、それは時間との戦いになってきますので、サイトで確認し下さい。

ただし銀行系のカードローンは総量規制の対象にはなりません。銀行も貸金業者だと思われがちですが銀行は貸金業者には該当しませんまた住宅ローンなども総量規制の対象外となるため住宅ローンが年収の3分の1を超える残高があっても他の借り入れで年収の3分の1以上の残高がなければキャッシングを利用することができます。年収の3分の1を超える借り入れは総量規制によりできませんが逆を言うと3分の1までなら借りられるということになります。

しかし総量規制に抵触する金額ギリギリまで借り入れをしてしまうとほぼ間違えなく返済が苦しくなります。キャッシングを利用する際は計画性を持ち返済が苦しくならない範囲で抑えておきましょう。

総量規制で借りられなくなったから・・

私は34歳の専業主婦です。結婚以来、ずっと専業主婦で、夫のお給料だけで生活しています。最近つくづく感じるのは、自分の自由になるお金、しかも夫に気兼ねせずに使えるお金がほしい!ということです。お小遣い制ではないので、家計からやりくりして自分のための物に使うのですが、ちょっとブランドバッグが欲しいな、時計が欲しいななんて思っても、金額が大きいので夫には欲しいということさえ言えません。

本当に寂しいです。
他のママ友に聞いたら昔は消費者金融でこっそり借りたりしていたらしいんですけど、最近は法律が変わって総量規制高なんだかの影響で借りられなくなったとか。でも銀行系のカードローンだったら大丈夫だから、私にも借りれみれば・・・っていうんです。ちょっと考えちゃいますけどやっぱり黙って借入はよくないですよね。

小さい子がいるので外で働くのは難しい。とはいえ、世の中には結婚しても子供がいても働いている方は大勢いらっしゃるんですよね。私のは完全に我がまま、甘えです。もう少し子供たちが大きくなったら外に働きに出たいなぁなんて思っている今日この頃です。

万が一の時のためのキャッシングカード

私は、常に予備費として1万円を財布の中に入れてあります。ほぼ使うことはありませんが、備えとしていつも入れてあります。可能性としては、突然の病院の時の対応や予期していない仕事での食事関係などに対応する為です。そうはいっても、ほとんど使う場面はありませんが・・・

実は、急にお金が必要になった時のためにキャッシングカードもすでに契約して持っています。要するに消費者金融のカードなんですが、急に30万円以上の資金がどうしても今すぐ必要だということになった時のための備えです。即日融資も対応しているので、やはりキャッシングカードは1枚は持っておきたいです。

自分の性格上、常に準備していたいタイプなので、財布に入れているだけで、落ち着く感じです。他には、同じようにして財布に商品券なども入れてあります。そして、小銭も余計に貯まった場合には、貯金箱に入れるようにしたあります。

500円は1枚、100円は3枚、50円は1枚、10円は3枚、5円は1枚、1円は3枚

それぞれ、これ以上になった場合には、家に帰ってから、すぐに貯金箱に入れて、財布をすっきりするのと同時に少しでも小銭の使い道を考えています。

30代サラリーマンの手取り15万の給与

最近、アベノミクスで景気が上向き傾向だというニュースを見ますが、一般サラリーマンだと景気回復を実感することができません。20代のときは、毎月30万程度の給与を貰っていましたが、3年々給与が減っていき、30歳を超えた現在では手取り10万ちょっとというのが現実です。

給与だけでは生活費が足りず、若い頃の貯金を切り崩しながら赤字生活を送っています。たしかに、私の勤めている会社の経営陣は景気が良くなってきていると言っていましたが、私たち一般社員の給与が上がることはありません。財布の中には、できるだけ出費を出さないように、最低限の3000円だけを入れています。企業の経営者には、お金が回る世の中になったのかもしれませんが、企業から奴隷のように扱われているサラリーマンには、この先もお金が回ってこないような気がしてなりません。

節約して借金返済

最近すっかり節約生活が板についてきた我が家。カードローンの残金もだんだん減ってきて、あと半年もすれば完済できるところまで来ました。本当はこんなことにはならず、夫の転職活動が功を奏して給料が上がれば良かったのですが、現実はそう甘いものではありませんでした。まさか自分たちが消費者金融のお世話になるとは、、、想像もしていませんでした。

給料が下がり、まず削らなければいけない部分は外食などの娯楽費です。以前は週に一度は外食を楽しんでいたような気がするのですが、ここ3か月ほどはすっかり外食をすることもなく、家での食事ばかりです。

そして、その家での食事もすっかり節約メニューで、なんだか野菜ばかり食べているような感じで全然我が家に活気がなくなってしまったように思います。野菜中心の食生活は体に良いとは言いますが、やはり子どももいるので週に一度はがっつり分厚い肉を食べさせてあげたいなと思う今日この頃です。

このままでは本当にまずいと思っているのですが、実は父親から遺産をいくらか受け取れそうなので、実はちょっとほっとしています。身内の不幸をこんな形でも喜ぶのはいかがなものかと自分でもわかっていますが、少しのおかねですが遺産相続という形でまさか父に助けられることになるとは・・・・あとは相続税を申告してしっかりと税金を払わないといけないんですけど、ちょっと自分で手続きするのは難しいかも(ここで調べました:相続税申告)。。。

総量規制で借りられずに・・・

実は我が家の家計は現在火の車です。なぜなのかと申しますと、今夫は転職活動中でいわゆる無職の状態。無職と言っても、とりあえずアルバイトはしてくれている状況なのですが、それでは家賃を払って終わってしまう金額なので、焼け石に水言った感じで貯金を切り崩して生活しております。

まさかこんなに緊迫した状態になるとは思ってもみませんでした。すごく楽観視していたのが悪かったのでしょう。いくつか内定を頂くことが出来た会社があったのですが、給料がイマイチ安いとか待遇が良くないとか言った理由で、内定を蹴ってしまったものもありました。実はここで誤算だったのが総量規制の影響で、収入が安定していないと消費者金融からキャッシングをすることが出来ないということでした。正直、心の中にもやや甘えというか、お金が足りなくなったら借りて適当にやりくりして適当に返せるときに返せばいいやという気持ちもありました。まさか総量規制なんて言う法律ができているなんて・・・。

就職の方も、いくつかの内定を蹴った途端にパタンと就職活動に暗雲が立ち込めてきたようで、すっかり内定通知を頂くことがなくなり現在に至ります。そろそろ就職してもらわないと困ります。